茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

北海道ツーリング 終

夜の海は

海の夜に

なんだか底に引きずり込まれるようだ

本能

恐怖

安心

なにがある

なにもない

そう

なにか

思いを捨て去る勇気も潔さも

しがみつく醜態をさらけ出す覚悟も

灯りが遠く

灯りが遠のく

先の灯りが近く

近くにくる悲しさと安心感

何が見えるんだ?

 

 

フェリーがずんずん掻き分けていた。

帰りのフェリーは、それほど揺れることなく

快適に過ごすことが出来ていた。

 

オープンスペースで私より年配の、バイク乗りかと思しきグループがいて

「何回も乗ってるけど、こんなに揺れるフェリーに乗ったのは初めてだよ。

今日の揺れは強いよ。」

と大声で言っている人がいた。

 

はぁ?

これぐらいでですかい旦那。

往きのフェリーに乗っけたろかい。

青ざめた自衛隊の人に説教されてください。。

それとも、瀬戸内航路しか、もしくは大型客船のみの御経験ですか?

新日本海フェリーは客船ではなく貨客船ですよ

しかも瀬戸内や太平洋ではなく日本海が航路です、

多少の揺れは当たり前でしょう。

それに事前にキャプテンから時化の説明もあったの聞いてました?

ちょっとやそっとの揺れぐらいで、エエ年してギャーギャーうるせぇ。

揺れがお気に召さないのであれば、大型客船に乗れば良い。

2回目か3回目の乗船かは知らんが

未曽有の揺れだぁ~、みたいに騒いでいると

素人丸出しで赤っ恥をかきますよ。

せめて大浴場が閉鎖になるぐらいの時化の時に、そんな言葉を吐いて欲しい。

ちなみに往きのフェリーは一時期閉鎖になってました。

なんかちょっと変な気分になったので

連中から離れたところでカップラーメンをすする貧乏ちゃずらが。

レストランで食べている、そのグループに完敗のちゃずらがでござる。

 

ほんで

なんやかんやパン屋で

7/2夜に舞鶴港着。

チャンチャン♪ おわ・・・

 

 

 

蛇足をば

今年はなんとなく、帰りは小樽~舞鶴航路にした。

いつも苫小牧~敦賀の往復じゃ面白くない、と思ってもいて

十数年ぶりに小樽ルートにしたが、街は随分と垢ぬけて

どこにでもありそうな一都市となっていた。

それは、そこで生活する人には、便利になって良いことだし

観光地としても更に盛り上がってもいて、自治体としても良い事だ。

個人的な感覚としては、北海道ツーリングの最後として

う~む・・・、おもんねぇ

という感覚に陥った。

勿論、地元の人々には快適で豊かな都市となっているのは間違いなく

(実際夜でも安心して走れるしね)

大阪市内に住んでいるプラっと来た観光客が、たまの雄大な自然に触発されて

なんちゃってネイチャーになってんじゃねえよ

と御叱りのことでしょう。

 

でも、まぁちょっと勘違いさせてくださいませ。

苫小牧だけでなく、今は変わっているだろうが

室蘭、八戸、大間はそれぞれ独特の雰囲気があった。。

ミツバチ族全盛期の青森と函館は当時から大きな町だったが

港周辺は混沌としていて、なかなかのものであった。

おそらく青森と函館の街は、小樽同様に

現実は、私のイメージからは遠く離れているのだろうな。

私が馬齢を重ねたということだろう。

ライダーの激減と高齢化(自分の事は棚上げして)には、寂しい限りだが

小樽は苫小牧と比べてライダーが多く、テンションが上がるが

あの侘しく寂しく物悲しい苫小牧の港町風情が好きなんだと

小樽に着いて、ハッキリ感じた。

一般的には、乗船前の夜の時間を有意義するなら小樽一択です。

苫小牧の夜は・・・退屈だ。

でも、2017年は苫小牧港で行き帰りです。

 

さて、2016年の北海道ツーリングのレポですが、今回で最後です。

楽しみにしていただいた人が果たしているのかしら?

と思ってますが

ブログ自体が、自分の為で、備忘録で、なにかしらの発散場所で

決して人様の為ではないので(言い切るオイラって・・・)

ツーリングに行ってから壱年後に完結するなんて!

なんですが、そういうアホな人間なんです。

どうか大きな心で、鼻で笑ってやってください。

ツーレポ自体、しばらく否定していた小生ですが

久しぶりにまじめに取り組んでみて思ったことは

「まぁ、面倒くさい」

というのが本音です。

まぁ、無駄な文章満載で、無駄にロングレポになってしまったので

ハイ、自業自得です。自覚症状バッチリです。

小さなノートに日記っぽく書き留めていたので、壱年経っても

なんとか文字や文章に変換できたかな、と思っています。

でも細かい記憶や感情は、既に雲散霧消しています。

宣言したこともあり、乗りかかった船なので

何とか最後まで文字に起こしました。

己の備忘録としては、少しだけ達成感はあります、

でも、長いだけの実の無いものですし

一般に公開するようなレベルのモノでもないんですが・・・。

2017年7月1日敦賀港から苫小牧へと出発します。

リアルタイムで1日1回ぐらいは短いブログ更新できればと思っていますが

ツーレポとして後日まとめ上げるかは、全くの未定。

自分用にアナログ備忘録は記録しますが、

今回の様に文章にすし、公開することが果たして意味があるのかなぁ。

北海道に行ってみようという人への有意義な情報は皆無だしね。

というか、この文章自体も意味があるのか?

 

とは言え

実際、拙なるツーレポにスターを押して「いいな」を

伝えていただけている人もいらっしゃることなので・・・

まぁ、なんとなく考えときます。

何も発信しなかったらゴメンナサイ。

まぁ、誰も困らんでしょ?

 

とにかく

これまでの長文・乱文・駄文にお付き合いくださいまして

お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

1周廻って季節感がおかしくない時期にレポのエンディングとなり

・・・そういや、あまり季節感の無いレポでしたね。

感受性と筆力不足。

本当にすみませんでした。

とりあえず

なんとか2017年北海道ツーリングに旅立つ前にUP出来て一安心。

サンキュ

 

2016年6月24日~7月2日 北海道ツーリング 完。

北海道ツーリング 其の漆ノ弐

♪時間とは戦わず、戯れる程度で

 

最終日はフェリー乗り場へ夜に着けば良いだけなので

もっとのんびりと出来る余裕はあるのだが

逆に、何かトラブルがあった時などは

時間が厳密に決められているだけあって

後日に帳尻合わせ、スケジュール変更などの対応が一切できない。

こんなテキトーなオイラでも最終日は余裕を持って行動するようにしている。

 

しっかりと休憩をとった後は

R38で滝川、R275で雨竜・北竜、R233で美葉牛峠。

美葉牛峠は初めてではないが、やっぱり

「なんじゃそれ」

というガッカリとネタ感。峠の名称いるか?

ネタにするには、「峠」は要るな、やっぱり。

そのまま留萌峠を越えて留萌市へ。

 

黄金岬の乙女との久しぶりの再会を喜んだ後で

f:id:chadzraga:20170618100848j:plain

R231を南下。

古めのツーリングマップルでチェックしていたGSが

複数廃業されていたようで、留萌で余裕持って給油すべきだったと後悔。

後悔先に立たず、役にも立たず。

増毛のGSは営業されており、念願の給油。

改めて過信は禁物、余裕を持っての行動が大事だね。

結果的には、次にあったGSでも大丈夫ではあったが

精神的にはマイナスなドキドキ感は経験したくはない。

 

雄冬PAでうっすらと虹のかかった白銀の滝を愛で

f:id:chadzraga:20170618102310j:plain

 

雄冬岬付近の路肩の広い場所に到着。

今回、ここからの夕陽をカメラに納めたいと思っていたのである。

落陽までには十分な時間の余裕がある。

日中はずっと天気も良かったので、期待していた

f:id:chadzraga:20170618103117j:plain

のだが、粘ったのだが、水平線上の雲が途切れることは全くなく

消化不良で終わってしまった。

 

その後、見るところも個人的には特に無く

小樽港のフェリーターミナル近くのなか卵で親子丼大を頼むが

肉の臭さに閉口し

道内最後となるセイコマで船内用の食料を買い込み、

フェリーターミナルに余裕をもって到着。

(「終」へ)

北海道ツーリング 其の漆ノ壱

♪ヤハリスキー

 

7月1日(金)

道内最終日の朝は薄曇りだった。

昨日までの朝なら、雨中だろうが夜露グッショリだろうが

あまり気にしないで撤収するアタシだが

今日だけは、できることならテントを乾かしてから撤収したい。

 

米一合とマルちゃんのダブルラーメンみそをグワシと胃袋に突っ込んだ。

本日道内最終日は、そこそこの距離を走るし、夜間走行もある。

気合を入れるための朝からの馬鹿食い。

しかし、年だね。後半飽きた。

年を取ると、色々不便なことが多い。

結局、朝から2回もトイレに行くことに。

でも結果的に、ダラダラしていたことでキャンプ場にも太陽の光が差し込み

テントが干せることに。

のんびりと10時前にやっと出発だ。

 

R242で南西へ進路をとり、池田で道道31へ入り音更。

途中、適度に農道を使って(テキトーに道を間違え)

道道133に入り、鹿追、屈足。

あまりの暑さにセイコマガラナ500mlを一気飲み。

セイコマガラナは個人的には薄いなぁ、と思っているが

一気飲みするときゃコレが良い。

 

新得からR38に切り替え、狩勝国道を駆け上がる。

峠付近の国道の真ん中の追い越し車線で若い鹿が一頭。

野性味が無いのか、のっそりとしている。

車に轢かれても、それを間近で見ても、お互い気分悪いじゃないか。

ダラ~っと首を振る暇があるなら、端によってくれた方が良いと思う。

 

かなやま湖沿いの景色を堪能しようと

富良野道道465に入ったが

「ここはキタキツネ銀座か!」

と、ツッコミを入れたくなるほど、所々で何匹も野性味無くノンビリ出てくる。

好きじゃないな、人間に慣れているキタキツネは。

実際観光客と思しき車が停まって、写真など取っていたが

くれぐれも触れたり、エサなど与えんで欲しい。

お互いが不幸になるやも知れぬから。

 

R237に合流し北上、再びR38の戻り更に北上。

国道沿いにメロンやスイカなどの大きな看板が目に付く。

甘いものが苦手はアタシには、目がチカチカするだけ。

そして芦別に到着。

 

北海道大観音を見上げると、宗教って凄まじいよなぁと実感。

無宗教・無神論者なので、拝んだりすることはないが

宗教文化は嫌いではない。

 

近くの道の駅で休憩。

芦別はガタタンラーメンが有名だが、道の駅の2Fのレストランで

いくら丼1000円を見つけてしまった。

いくら丼にしてもウニ丼にしても、メニュー写真では

白ご飯が見えない~!

的なマジックを使っているところが多いのが世の常。

ここのメニュー写真はしっかりと白ご飯が見えているが

イクラの量はさほど寂し過ぎるほどでは無い様子。

1000円なら騙されてもエエじゃないか、と思ってしまう私。

最後にもう一杯大好きなイクラ丼を食べたいという欲求が抑えきれず

予定外の出費で1000円を吐き出す。

 

個人的には

イクラ丼に錦糸卵は必要ない、それが塩イクラであってもだ。

という考えなので、提供された親切心溢れる錦糸卵のフカフカベッドは

ひたすら残念であったが

優しい感じの味付けと、皮の柔らかさは老体には丁度良い。

次回は、錦糸卵抜きで、と注文することを覚えておかなくちゃだわ。

なまじ鮭が有名な所はいくら丼も有名で、観光価格なのか

マジか?

と二度見しそうな数字が並んでいたりするが

そうでもない所は、武張っていない姿勢が優しく、奥ゆかしい。

どうせ馬鹿舌のアタシですから、東京の有名店に行くようなレベルまでは不必要。

これで十分だし、このコストパフォーマンスが財布と精神に優しいのだよ。

(其の漆ノ弐へ)

北海道ツーリング 其の陸ノ弐

アイヌの尊厳と郷土を

 

小清水で休憩した後はR391~R243で摩周温泉に到着。

昨年からの宿題で、ホテル摩周の日帰り入浴が目的。

摩周温泉には町営の日帰り施設2軒含め、日帰り可能な施設は数ヶ所。

今回ホテル摩周を選んだのは、下調べで見た浴場写真。

共同浴場も悪くないが、ゆっくりとのんびりしたい今日この頃。

 

無色透明無臭は一見地味に感じるが

湯ノ花が舞っており、肌への絡まり感から湯力大いにアリとみた。

湯上りも汗がなかなか引かず、保温力ある良い温泉。

う~む、他の施設にも俄然と興味が湧いてきた。

来年以降の宿題だ。

 

R241阿寒横断道路を西に走る。

双岳台から望む雄阿寒岳は勇ましくも静か。

f:id:chadzraga:20170528134344j:plain

f:id:chadzraga:20170528134356j:plain

 

阿寒のアイヌコタンでは昨年お気に入りとなった某民芸品展さんに。

昨年とは大きさ違いの木鈴を購入。

同じ大きさの物でも微妙に音が違うので、選ぶのも楽しい。

結局、アイヌコタンの滞在時間は5分強。

各民芸品の品揃えは大体解ってるし、アイヌ舞踏も何度も鑑賞しているので

今回は予定の買い物のみ。

だって見てると買いたくなるもん。

 

R241を更に西進し、今年もオンネトーはパス。

私は再びオンネトーへ行くことがあるのだろうか?

オンネトー温泉景福が再開されれば、すぐにでも行きたいのだが。

螺湾を通り足寄に到着。

足寄と言えば、私の世代は当然の如く松山千春さんなのだが

「千春の家」に行こうと思ったことは一度もない。

北海道では俗なことは毛嫌いしてしまう。

麓郷の森も言わずもがなだ。

今日は行程的に時間の余裕があるので

道の駅あしょろ銀河ホール21で、ゆっくりとしているが

とは言え日が暮れる前にはキャンプ場に到着したい。

千春の写真に別れを告げ・・・。

 

・・・という間ではないが、夕方前には本別静山キャンプ場に到着。

道内最後のテント泊。

予定通り今回の道内全日程の宿泊はテン泊となった。

勿論、宿代をケチりたいシブチンなアタシであるが

基本テン泊が好きなんだから仕方がない。

ここも良く使うキャンプ場で、住宅地が近いが気にならない。

アタシが気にしないだけか。

 

最後の夜に・・・

(其の漆ノ壱へ)

北海道ツーリング 其の陸ノ壱

♪お花畑でピーヒャララ

 

6月30日(木)

湖面に靄がかかった朝を迎えた屈斜路湖畔の和琴半島。

天気は如何なものかと思案していたが

9時過ぎにはガスも晴れ、昨日同様暑いぐらいの陽気になった。

 

さぁ出発だ、もう陽は疾うに登っている。

R243パイロット国道は天気も良く快走ルート。

途中、湖面に靄がかかっていたのでパチリ。

f:id:chadzraga:20170528081605j:plain

 

そして美幌峠からの眺望は素晴らしく、天気の良い日は期待を裏切らない。

f:id:chadzraga:20170528081844j:plain

ダイナミックな三国峠も良いが、個人的には美幌峠の方が好き。

f:id:chadzraga:20170528081936j:plain

なんだかポワ~ンとほっこり寛げる。

f:id:chadzraga:20170528082021j:plain

なんか馴染める景色なのである。

 

R243をそのまま北上し美幌国道を走り、福住で道道905に入ってみる。

初めて走る道かと思うが、途中で花の写真を撮る等かなりの長い時間を過ごしたが

バイクは疎か、車や農耕車でさえも全く通らないし、人工音が全く聴こえず。

両脇には大小の花が咲き誇っているし

 

f:id:chadzraga:20170528083652j:plain

f:id:chadzraga:20170528083601j:plain

f:id:chadzraga:20170528083638j:plain

目に美しい道で、なかなかのお気に入りになりそうだ。

 

道道102に合流し、川湯温泉方面へ。

途中、ハイランド小清水725で小休憩。

中途半端な大きさの休憩場所で、大型観光バスには急カーブの登坂なので

団体さんが大挙する場所ではなさそうだな。

ええ感じだ、覚えておこう。

眺望もなかなかで

f:id:chadzraga:20170528085116j:plain

食堂・売店もこじんまりとしていて

おかげでゆっくりと、ボーッと出来た。

 

なんか実りの多い時間やねぇ~。

(其の陸ノ弐へ)

北海道ツーリング 其の伍ノ弐

♪洗濯日和

 

なんだかなぁ~と思いながらR334で知床国道を斜里へ。

道道1115で清里町、札弦で道道805を走る。

道道805はツーリングマップル取り上げられることもない

たぶん、なんてことのない道だろう。

 

おそらく

網走~川湯なら

道道102がメインルート

小清水町経由ならR244とR391だ。

今回の私のルート

斜里~川湯なら

距離で言うとR334と道道1115と道道805だと思うが

解りやすさで言うと

R334とR391もしくは小清水町経由でR244とR391だ。

ナビなら、どの道を提案するのやら。

私は、短いし観光スポットがあるわけでもない道道805が好きなんです。

昔、偶然にこの道を走った時から、なんだかそこはかとなく好きな道。

変に有名にならないでほしい。まぁなることもないか!

このHPはアクセスが少ないので

(自虐じゃないです。少ない方が気を使わないで済むから嬉しい。)

今回推してみたが、もし道道805の良さがわかる、という人とは

キャンプ場で酒を呑みながら仲良くなれそうな気がします。

 

閑話休題

その道道805を通ってR391に合流し川湯温泉へ。

川湯温泉は昨年堪能したので今年はパス。

昨年敢えてパスした大鵬記念館が目的なのだ。

f:id:chadzraga:20170527145556j:plain

 

いやぁ~横綱大鵬やっぱり凄いなぁ。

相撲ファンは満足いくが、ファンじゃない人は物足りないだろうけどね。

なんせ記念館の規模が大きくないし。

とは言え、私はしっかりと悦楽の時間を過ごさせてもらった。

 

道道52で屈斜路湖沿いを走り、和琴半島湖畔キャンプ場へ。

途中の有名な露店温泉は完全無視。

まぁ、ネタに一回入れば十分だ。もう興味は逸している。

コタンはまぁまぁ好きだけどね。

 

和琴半島湖畔キャンプ場は超有名で、ピーク期じゃなくても本当に繁盛している。

盆休み期間はどれだけ密集してるんだろうね、クワバラ クワバラ

テントサイトから眺める景色が素晴らしく、贅沢な時間がゆっくりと流れる。

有料だが優良なキャンプ場なので、人気なのも当然。

だが、私はこのキャンプ場の常連客の一部が嫌いである。

正直に言うと、大嫌いだ。

勘違いしないでほしい。

その一部の常連さんを悪い人だとか、人として否定しているわけではない。

ただ単に生理的に大嫌いなだけある。

当たり前のようにヌシになる人は嫌いだし、その取り巻き連中も気持ち悪い。

 

とは言っても管理人さん達は基本親切だし、まったく嫌いではない。

実際、私にとってはメリットと感じている事が多いのも事実。

それほど高価な料金ではないし、ゴミも捨てられる。

そして、洗濯機と乾燥機が各2台あるのだ。

本当に便利なキャンプ場なんです。

無料温泉が近くにあるので、隣接の「湖心荘」の日帰り温泉がほぼ独り占めできる。

なんと素晴らしい!

本当に優良で、好きなキャンプ場の一つである。

その一部の常連さんがウザいだけである。

ただそれだけ。

まぁ、あまり執拗に言い過ぎましたね。反省します。

 

ホンマに大嫌いなんですよ。

 

ちなみに

和琴半島の無料温泉(小屋の方)は、ホントにマナーの悪い客が多くて嫌になる。

怖くて何年も近づいていません。

 

お隣にソロの人がいらっしゃる時は話しかけたりするが

以外は、挨拶程度で、ひたすら寡黙に、眼前の湖を愛でながら燗酒を楽しむのです。

(其の陸ノ壱へ)

今年も行きますぜ北海道!

こんばんは。

毎度お晩でやんす

ちゃずらがでおま。

 

さてさて

急に真面目になっての

二日連チャンの北海道ツーリングのブログ更新でしたね。

 

・・・

って、11ヶ月前のネタか~い!

そうですよね。

細かいメモを残していて良かったよ

無かったら

 

「今日も色々走りました

温泉も入りました

勿論呑んだよ」

 

の3行で一日が終わってまうもん、アタシの記憶力じゃね。

 

体調が治ったわけでは全くないが

病人だって遊べる限りは遊びたいのである。

一昨年・昨年と仕事が一段落した時に

1週間の休みを半ば強引に取っていましたが

今年も無理矢理奪取し、北海道ツーリングが実現の運びとなりました。

 

冬の間にアホほど働いたもんね。

大きな声では言えないが、〇週間ぶっ続けとかあったもん。

オイラ働いたもん。

社外・社内調整が必要だが、ここぞとばかりに甘えるもんね みんなに。

 

ミツバチ族残党の意地で老体に鞭打ち、今年も北海道へ行ってきます。

今回も楽勝フェリー移動で、初心に戻り、ヒネリもなく

敦賀~苫小牧往復です。

20代は眠気と闘いながら必死で青森まで下道で走ってたけど

躊躇なく金で解決する狡賢さを身に着けた今年47のおっさん。

7/1未明の敦賀発です。

盆休みとかじゃないので、往復のフェリー予約は余裕のよっちゃんイカ。

 

だが

出発までに2016年北海道ツーリングの投稿を完了せねば・・・。

性根を入れ替えたかのような連チャン投稿には

こういうワケがあった次第で。

連日は難しいが、今後は週一はUPしよう。

 

昨年は本当に久しぶりに、ツーリングの備忘録的なモノを書き留めたが

正直面倒だったし、途中で飽きた。

来年は止めとこ、と思ったが

こんな個人的ウダ話に

はてなブログのスターを押してくれる人がいてくれて

なんか純粋に単純に嬉しいなぁ、と思っているワケで

・・・

なんか ありがとうございます。

 

今年のは文章量は減るとは思うが

備忘録的な物は書き留めておこうかと思いはじめたところです。

まぁ天邪鬼なオイラなので

どうなることやら。

 

症状は全くダメだが

今日もちゃずらがは元気です。