茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

北海道ツーリング2017 四日目 其の壱

2017年7月3日

 

雨はなんとか降っていないだけで、厚い雲がかかった曇天。

太陽が一瞬でも顔を出す雰囲気は全く無し。

テントを乾かすことは早々に諦め、雨なのか夜露なのか不明だが

ビチャビチャのテントを押し込むように突っ込んで

8:30に出発。

 

R232通称「日本海オロロンライン」をひたすら北上。

遠別に入り、しばらく走ると旭温泉の看板。

え~っと、朝何時から日帰り入れるんやったっけ?

と思いながら通り過ぎてしまった。

よし、来年行こう。

ここの温泉は、前もって精神的に行くつもりになっていないと

なかなか行けない温泉である、アタシだけ?

 

道の駅てしおで念の為のルート確認をしていたら

旅の途中と思しき男性に声をかけられた。

「あのぅ、ちゃずらがさんですよね。ファンです、いつもブログ見てます」

「秀樹 感激!」

 

って、ことがあるわけもなく

 

「バイクの皆さんは、どういう地図を見られてるんですか?」

年上に見える方だったが、口調が丁寧で、まともな会話が出来そうな人だったので

ツーリングマップルの事をなるべく詳しく情報提供した。

車しか乗らない人はツーリングマップルを知らない人が多いだろうから

普通の道路地図や、観光情報誌だけでは得られない情報が

載っていることは知らなかったのであろう。

バイク乗りが、小さい地図を熱心に見ていることが気にかかっていたとのこと。

ハイエースでノンビリ旅行も良いでしょうね。

私は・・・まだイイや。

「道中お気をつけて」

と声を掛けて、道道106号線を北上。

 

道北屈指、いや道内屈指と言っても良いサロベツ原野を走る。

今さらベタやなぁ、と思いながらも

やっぱり走ってしまうのよね。

20代の頃と比べると、大きく変わった所ばオトンルイ風力発電所ぐらいで

毎年や、2・3年ごとに走っても、風景に大して変わり映えしないのだが

でも、それが良いのだ。

ここは、10年、20年たっても泰然と人間を迎えてくれるのだと。

極端に俗化や観光化されることないので、私は安心できるのである。

知床の某滝には、観光バスが横付けされるようになってからは

一度も近づいていない。

昔の雰囲気は好きだったのになぁ。

 

とか、脳内でぶつくさ言っていると、件のオトンルイ風力発電所が見えてきた。

正直見飽きているし、今回も素通り、と思っていたら

一基の羽根が外れている。

メンテナンス?交換?

いずれにせよ、初めてみる光景だったので予定外に立ち止まって写真を撮ってみた。

 f:id:chadzraga:20171014174524j:plain

 

羽根を掛け替えるのならば、粘ってでも見たいなぁ、と思っていたが

関係者の人数が減っていったので、残念ながら諦めた。

たまにマジマジと見ると、どえらい馬鹿でかい風車だなぁと思う。

弥七が吹いたぐらいじゃ回んねぇや。

f:id:chadzraga:20171014175007j:plain

 

再び走り出すと、すぐに浜里パーキングシェルターに到着。

f:id:chadzraga:20171014175454j:plain

この季節にはなんてことはないが

冬期は本当に大活躍することでしょう。

 

シェルターを後にすると、ここからは電線・電柱すら無い

サロベツ原野の中にまっすぐ1本引かれた道を、ただただ走ることになる。

 

「四日目 其の弐」に続く

北海道ツーリング2017 三日目

2017年7月2日

寝不足ながらも勝手に6時前には目が覚めた。

ちゃんと朝ご飯を食べて(インスタントだけど)

8時前には出発し、昨夜に急遽変更した計画を尊重し、北上した。

 

今は晴れているものの、予報では全道的に雨であるのは今朝チェックでも変わらない。

大沼野営場から道道287、482と継いで

社台スタリオンステーションを突っ切って走る。

たまたまなのか、一頭も外には出ていない様子で残念であるが

まぁ、こんな日もある。

 

早来で給油と空気圧のチェック。

出発時から気になっていたが、やはり圧が20%近くも下がっていた。

ガス欠と足回りの不安も無くなり、退屈な1日を走る覚悟はついた。

R234を北上、岩見沢でR12にスイッチし、さらに北上。

砂川で道道283経由のR275。

再び北上し、碧水でR233。

私にとって、苫小牧から道北日本海側に向かう時の定番ルートだが

相変わらず、個人的に面白みに欠けると感じるルート。

片側2車線区間も長く、日本一の直線道路とかもあるのだが

アタイにとっては、ただただ走っているだけで、ホントつまらん。

昨年も同じルートを同じ方向で走っているので、余計に心が閑である。

だから今年は東に行きたかったんだよなぁ。

でも、雷は嫌だもんなぁ。

あぁ、このルートは気が滅入る。

砂川で降り始めた雨が、美馬牛峠辺りではヘルメットを強く叩くようになった。

急に走る気を無くしてしまい、北海道での走りを本格的に始めたばかりというのに

なんとも抗い難く意気消沈してしまった。

予定していた距離を全く走り切ることなく、留萌の神居岩公園でテントを張った。

 

初めて来たキャンプ場だが、テントサイトの駐車場への道が工事で封鎖されており

仕方がなく、トイレが隣接されているパークゴルフ側の駐車場にバイクを止め

近くにテントを張った。

トイレは近いが、テントサイト駐車場近くの炊事場は遠い。

オマケに結構な斜面なので距離以上に不便。

仮にテントサイトの駐車場が使えても、炊事場は近いがトイレが遠くなる。

水用タンクは持っていたので、炊事場に行く回数とトイレの回数を考え

パークゴルフ側にテントを張った。

 

テントを張り終えてしばらくしたら、雨は上がった。

でも、予報では午後もしっかりと雨マーク。

折角テントを張ったのに、また撤収して移動は・・・面倒。

 

ってことで、まだお昼ではあるが

f:id:chadzraga:20170702141406j:plain

ってことになる。

トイレ近くにいるので、なんぼ呑んでも大丈夫。

 

先生ごめんなさい。

極力禁酒します、って言ったけど・・・

だって昨夜は寝られなくて大変で

酔っぱらって楽しそうな声を聞きながら、素面でいることのストレスが半端じゃない。

先生、今日は呑ませてください。

 

親の仇の様に、コンニャローと思いながら呑んでみた。

13時過ぎには眠気が・・・

 

雨音で目が覚める。

4時間弱も寝ていた。

やはり昨夜の寝不足が影響した模様。

いや、呑み過ぎじゃな。

 

起きたとて、することもなし。

雨はずっと降っていたようで、上がる雰囲気も無し。

昨夜とはうって変わって、独りぼっちのキャンプ場。

パークゴルフに興じる声も聞こえてこない。

この時間だから、帰ってはるわな。

聞こえてくるのは、なんかの獣の嘶く声。

ここって、熊はどんなもんかいねぇ。

雷も断続的に・・・

まぁ、気にしてみても呑んでるわけやし、今から移動もできぬ。

その気もない。

 

だから

 

昨夜のお返しとばかりに、また呑んでみる。

新しい日を迎えても絶好調だった。

一旦寝たから元気百倍アンパンマンだ。

 

「四日目 其の壱」に続く

休みもらったので

休みをとったので

月曜までキャンプ場でのんびり。

f:id:chadzraga:20171006124033j:plain

雨?

んなもん関係ありゃせん。

雨だからって、楽しめない道理がない。

ねっ、マイマイ

f:id:chadzraga:20171006124301j:plain

先日の岬同様

今回も読書三昧です。

雨音をBGMに活字中毒になってみる。

安吾風太郎にどっぷり溺れます。

世知辛い

最近の関東出張では日高屋か王将ばかりだったので

今日は久しぶりに小諸そばに入った。

知らぬ間に、二枚もりが320円だった。

まだ安いとは思うが

券買うとき地味に嫌。

ちなみに、富士より小諸派です。

秋田の酒きき酒会

昨年に引き続き今年も「秋田の酒きき酒会」の大阪会場に行ってきました。

残念なのは、今年も大阪では、関係者対象の「秋田の酒きき酒会」のみの開催。

東京では「秋田の酒を楽しむ会」という一般消費者対象の会もしているので

関西や西日本の一般消費者にも門戸の広い会であってほしいなぁ、と思う。

しかし、一般消費者向けの会の大変さは痛~いほどわかっているので

贅沢言えないか・・・。

 

個人的趣向もあるが、やっぱり斎彌酒造店の素晴らしさが一番印象に残った。

社長と少しだけだがお話をさせてもらい、地元へのお考えにも深く感銘するところあり

流石だなぁ、と感心した。

人気蔵にたくさん人が集まっているが、それほどの突出したものがないのは例年通り。

逆に、それほど人気のない蔵もレベルが相当に高い、ということ。

帰り道、たまたま某酒販店と一緒になったが

秋田蔵のレベルの高さに舌を巻いていた。

 

秋田蔵のレベルの高さ、関心の高さは

関係者の集まり具合・熱気が、それを如実に物語っている。

私も会場で挨拶しまくりでした。

そういや、一昨年の東京会場でも、なんやかやと挨拶してましたっけ。

 

いやぁ~、やっぱ日本酒美味ぇや

私はドクターストップ状態なので、きき酒は控え気味にしたけど

美味さに暴走しそうだった。

 

私は9月30日は茨城県でイベント参加。

10月1日は大阪でイベント参加

10月1日は日本酒の日なので、大阪だけでなく全国各地で

色々なイベントが目白押しですよ。

うちの会社も大阪だけでなく、あと2ヶ所でイベント参加してるぐらいです。

日本酒好きよ!死ぬほど楽しんでおくれ。

 

小生、皆様にお会いできることを楽しみにしていますよ。

赤いバラを口にくわえてフラメンコを踊っているので

見つけたら是非、声をかけてくださいね。

北海道ツーリング2017 二日目

2017年7月1日

定時の20:30に苫小牧東港に着いたフェリー「すずらん」から下船し

北海道に上陸。

一年ぶりだよオッカサン。

いつもながらの気温の違いを少し感じ、抑揚する己の心臓を宥めすかし

いつもの道を走る。

しばらくして、厚真町の大沼野営場に到着。

今年もよろしくです。

夜遅く着いて、早朝出るので

いつも無料で使わせてもらって申し訳ない。

 

しかし、なんだ

この人の多さは。

十数回はここに来ているけど、こんなに人の多いのは初めて。

いつもは(土曜日の夜)誰もいない、もしくはいても2,3組程度。

今日は十組以上いるし、子供を連れたファミキャンまで。

広いキャンプ場なので、場所は全く困らないし

いつもの定位置は空いている(もしかして気に入っているのはオイラだけ?)。

何のきっかけは知らないし、たまたまなのかも知れないが

いつも人がいないので、閉鎖されたら非常に困ると危惧していたが

取り越し苦労と思っていたら良いかな。

ホント、ここの野営場好きだし

他に港から東方面で近いキャンプ場って無いからね。

 

人が多い、ということは何もメリットばかりじゃない。

この日は、対岸の男女グループが結果的には24時をとっくに過ぎても

アカペラで絶唱、絶好調でした。

歌いたいのならカラオケ屋かスナックでも行ってくれへんかなぁ。

こちとら、昨夜は呑んだので、病状を考慮して今夜はノンアルなんだよ。

フェリーで2度寝も昼寝も夕寝もしたので

酒無しじゃあ、それも呑んだくれの音痴な尾崎豊の歌を聞きながらじゃ

子守歌にもなりゃしねぇ。

尾崎を好んで歌っているし、他のレパートリーを聞いても

しゃべっている内容から察しても

相応の年を取ったいい大人のはずだ(年齢的だけは)。

小さい子供もいるキャンプの夜なので

恥ずかしくない行動を取って欲しいものである。

 

うつらうつらとしかけた頃に

地面の下の方から何か蠢く様な感覚が近づいた。

2017年7月1日23時45分

胆振地方中東部を震源地とするM5.1震源30キロの地震だった。

自宅に帰って調べたら20キロも離れていなかった。

震源地の安平町で震度5弱、厚真町で震度4。

おそらく大沼野営場は限りなく5弱に近かっただろう。

近くの千歳だけでなく、札幌白石でも震度4だった。

 

大沼にナマズが生息しているかどうか知らないが

結構長い間揺れたので、これまた目が覚めてしまった。

そして、絶唱グループも話題が出来て更に盛り上がってしまった。

 

いつもは行きのフェリーの中で

2日目のルートの方向性を漠然と決めていて

今回も東へ、と心に決めていたが

天気予報をチェックしていたら、道東方面はかなりの荒れ模様。

自他とも認める雨男なので、雨中走行や雨中キャンプは

楽しくはないが、避けたいとも思わない。

雨のキャンプ、実は結構好きだったりする(雨中撤収だけは嫌い)。

でも、明日以降の天気は雷マークだらけなのである。

雨風は備えあれば憂いなしで、自慢じゃないが装備は地震、いや自信あり。

しかし雷は、近づくまでの予知は出来ても

それに当たるかどうかまでは当てられない。

当たるのを当てたとしても、そのときゃもう遅い。

ドリフなら髪の毛爆発して、口から煙吹かして、笑いが取れるが

現実問題は、もう少し深刻だ。

 

道北は雨マークのみ。

仕方がない、明日は退屈ルートを走るとするか・・・。

f:id:chadzraga:20170926221537j:plain

 

「三日目」に続く

 

今日はまったり

昔と較べると

ここもファミリーキャンパーが多い。

多いと言うか

ダラケ。

ガキんちょ集団が他人のテントの間際を走り回る。

親は注意は勿論、気にすること無し。

 

自慢の道具を備えるのも良いけど

マナーも一緒にね!

 

そうそう

お篭りモードとはいえ

テント内では火器厳禁。

良い子はマネしちゃダメだぞ!

f:id:chadzraga:20170923124052j:plain