茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

旭酒造さんの思い切った広告

【注意】

『獺祭』信者、『旭酒造』信者の方は読み続けずスルーしてくださいな。

決して褒めてはいないので。

横流し中の酒販店もスルーでね。

 

読売新聞をご購読の方は

そして、日本酒ファンの方も御存知の方も多いかと思いますが

『獺祭』を製造販売されている旭酒造株式会社さんが

読売新聞の一面広告で

「高く(プレミア価格)買わないで!」

と訴えられていました。

 

なんとまぁ、本気具合が凄いですねぇ。

 

正規販売店の顔ぶれの〇〇な部分はこの場では置いておいて

また、独占禁止法に・・・、とのややこしそうなオイラの門外漢な部分も

この際はとりあえず棚に上げておいて

 

メーカーの正式なスタンスとして

「高く買わないでください」

プレミア価格で一部の消費者が購入している、と認める。

非正規販売店がプレミア価格で市場に出回っている。

だから、正規販売店で広告に提示しているメーカー希望小売価格で

買ってください。

(販売店には価格の強制をしていないので独禁法はセーフなのかな?)

 

という事だろう。

気持ちは凄く分かる。

私も日本酒業界の人間だ。

プレミア価格で売れたって、メーカーには1円たりともバックはない。

変に誤解されるぐらいなら、メーカーとして真面目に商売していること

広告費を使っても伝えたかろう。

 

この広告に、賛否両論があるのも知っている。

需要が先か、供給が先か?

んなもん、どっちでも良いが

需要があるからこそ、ドラッグストアなどで施錠されたケースに

プレミア商品が並んでいる。

(悲しいかな、そのプレミア価格も、今は昔的な有名銘柄の

プレミア価格の凋落ぶりは、ある意味寂しさを感じる時がある。)

 

今回、私が問題と感じ

「それで良いのか?旭酒造さん」

と嘆息したのは

「非正規販売店がプレミア価格で市場に出回っている。」

と、メーカーとして暗に認め、正規販売店一覧を掲載したことだ。

 

旭酒造さんからは、当然のことながら正規販売店に卸している。

しかしながら

旭酒造さんが卸していないはずの非正規販売店が商品を保有している。

非正規販売店はどこから入手しているのか?

つまり、正規販売店が非正規販売店に横流ししている。

(文字数使って持って回った言い方したけど、知っている人は常識)

 

これまでのメーカーは、気付いていても気づかないふりをしていた。

明確な証拠を掴むのは困難で、販売して所有権が移った商品に対し

どこまでも踏み込めるか、という話である。

近くに正規販売店がないなど、利便性を求める消費者にとって

高くても確実に入る店を重宝しても、それは個人の自由だ。

だから、メーカーは悔しくても、手の施しようが難しかった。

厳しい言い方をすれば、本気で問題解決しようとするメーカーはいなかった。

それを考えると、今回の旭酒造さんの行為は業界人からしても

賛辞を贈るべきだ。

 

ただ、それは

「正規販売店一覧」を載せていないのであれば、だ。

 

横流しした正規販売店を虱潰しに調べ上げて、取引停止処分にした。

だから、掲載した安心の「正規販売店」で、ご購入ください。

非現実的と思えるが、可能性が0%ではない。

そうできたのであれば、今後は非正規販売店に商品が流れることも

100%無いわけだ。

つまり

「高く買わないでください。」

という、旭酒造さんのお願いは、無意味に感じる。

 

 

であれば

「旭酒造さんオススメの正規販売店の中に横流し店が一部含まれている。」

ということを間接的に認めていないか?

(『獺祭』が、その先の販売店を全く把握できない卸業者に卸している、のならば話は別です。)

邪推なのかもしれないが

「正規販売店には横流ししている酒販店が含まれていますが

消費者の方は、高い値段で買って損しないでね!」

と言っているのでしょうか。

個人的には、そこまで開き直っての、旭酒造さんの本気の広告

であって欲しいと思う。

単なる漠然としたイメージアップだけのフリだったら悲しい。

少なくとも、桜井会長は個人的に尊敬している人の一人なのだから。

ちなみに、広告の署名は社長となっています。

横流ししている酒販店は、今回の広告をどういう思いで見たのか・・・。

知りたくもないが。

 

【お近くに正規販売店がたくさんあるので、是非まっとうな値段で

騙されることなく、『獺祭』を楽しんでくださいね】

ということが、今回の旭酒造さんの大きな趣旨であろう。

オイラは穿ったものの見方をする人間なのでね。

でも、そういう人間もいる、ということも事実なのである。

 

皆さんは、どう思われたでしょうか?

需要と供給の事実、それと自由価格に、賛否両論を恐れず

果敢に一石を投じられたとは思うが

個人的には、感心しておりません。

大御所は泰然自若としているものです。 

 

 

<余談>(ある販売店から聞いた実話、脚色無し)

客「〇〇の△△というお酒は置いてますか?」

店主「ありますよ、これですね」

客「そうそう、これですわ。いつも買っているお店に売ってなくて、困っていたのよ。」

店主「2×××円です。」

客「いえいえ、そんな安いお酒じゃないわよ。×××××円のお酒よ。」

店主「〇〇の△△ですよね。2×××円が定価です。当店は特約店なので

勿論定価販売なんですよ。」

客「いえいえ私は、そんなお酒なんて飲まないわよ

×××××円のお酒が本当で、お宅の商品が偽物なんでしょ。」

その後、店主は何度も説明をしたそうですが、親切心虚しく

結局その客は買わずに帰りました。

ブランドのマークだけを熱心に見て

物の本質を見るスキルが無く、自尊心だけが高い人間には

プレミア価格で商品を楽しむのがお似合いです。

おそらく、それに適した品性をお持ちでしょうから。

 

 【蛇足】

全く関係ない話だが

農口尚彦研究所の件、色々情報を聞いていると嫌気がさしたので

今後一切私からは触れません。

一般消費者の方は、HPで会員登録するなり

クラウドファンディング(マクアケ)で商品を抑えるなり

楽しんでください。

裏話を知り過ぎたり、業界関係者だからわかってしま良すぎるのは

決して良い事ではないと思う。

知らない幸せ、もある。

北海道ツーリング2017 七日目 其の参

一瞬だけでも女性と愛を育んだオイラ(ヤバい奴です)は

上機嫌この上ない状態で

まさしくルンルン気分(世代が・・・)で

R243、R241と走り、阿寒湖アイヌコタンへ。

3年ぐらい連続して行っているような気がする。

買い物は控え気味に、といつも思うようにしているのだが

今年も欲望に負けてしまった。

3ヶ所の土産物屋さんで、手ぬぐい、Tシャツ、コースターを買った。

実は気になっていたことを、気の良さそうなお店の方がいらっしゃったので

探りを入れた。

案の定の話で、おそらく裏話っぽいので、ここで情報公開することは自重したい。

知らない方が良い、という事は、この世にはたくさんあるのだよ。

 

勿論、裏話だけでなく色々な話が今年は出来た。

思えば20年以上前から北海道に来ているので

ちょっと古い話もリアルにわかる。

阿寒湖アイヌコタンバブリー時代の話が面白かった。

他の店でも、話好きなおばちゃんからは、私が生まれた頃の

阿寒湖アイヌコタンの話も聞くことができた。

店先で熊を飼っていることが至極自然で

私が初めて阿寒湖アイヌコタンに立ち寄った数年前までは

まだ店先で飼っていた熊がいたとのこと。

今では考えられない話であり、アイヌの生活が色濃くあった時代の

阿寒湖アイヌコタンの話だ。

今の阿寒湖アイヌコタンは生活色がほぼ無く、民芸屋さんである。

これも今の阿寒湖アイヌコタンの自然の姿である。

来年は、あそこの店で何か木彫りを買おうと思う。

比較して高価だが、あそこで買うことに

オイラなりの意義があるのだと感じた。

ちなみに、敢えて執拗に阿寒湖アイヌコタンと言っているが

コタン=居住地という一般的概要とは区別しての

阿寒湖アイヌコタン(という民芸品店の集まり)ということなので

ご了承いただきたし。

 

さて、件の阿寒湖アイヌコタンを出発し足寄方面へ。

今回、計画していたルートにどうしても入れたかったのが

オンネトー国設野営場なのだ。

オンネトーには行ったことがあるのだが

奥にある野営場は行ったことが無く、ネット情報では

好みのタイプのキャンプ場なのだ。

 

人の手は勿論加えられているが

f:id:chadzraga:20171210073659j:plain

野営場としても利用できる最大限の自然が残されている

f:id:chadzraga:20171210073759j:plain

オイラのイメージする正しく「野営地」と言った感じだ。

 

今は気づかない人が多いと思うが

自然たっぷり、などと自慢している景勝地でも

アタシからすると不自然さや人工臭さに気が散ってしまう所は五万とある。

これまた知らない方が、わからない方が良い、ということがある。

小さい頃、ど田舎で暮らしていたオイラは気づいてしまったりする。

人間が、人間の都合で、人工的に植えていった木々は

自然っぽいが、自然と言うには違和感があったりするのだ。

あくまで大規模な自然のような箱庭が目の前に置かれているのである。

自然豊かと称される某有名温泉街は、このパターンだ。

人間の努力は凄いなぁ、とは感心するけれどもね。

 

ハイハイ、いつもの脱線話。

 

オンネトー国設野営場は、車は勿論、バイクも乗り入れ禁止だ。

この自然の濃さ、緑の濃さなので、当然である。

リヤカーや猫車はあるので、問題は無し。

アスレチックなどは勿論無し。

そういうのが必要なキャンパーは、他をあたってくれ。

自然以外は何も無いのが、最高の贅沢と思っていない人には

虫や蚊柱も凄くて(季節・時間にも寄ると思うが)

不便と感じるだろう。

トイレや水場が綺麗で、思わず快適だ。

テントから見える景色も、テントが入る景色も様になっている。

f:id:chadzraga:20171210073947j:plain

f:id:chadzraga:20171210074008j:plain

緑の濃さとオンネトーの静謐さを間近に感じられる野営地は

オンネトー観光客の五月蠅さからも避けられるを場所だ。

f:id:chadzraga:20171210074105j:plain

f:id:chadzraga:20171210074138j:plain

 

この環境は私が愛飲している普通のインスタント珈琲の味を

劇的に美味しくしてくれるようだ。

 

 

「八日目 其の壱へ」

北海道ツーリング2017 七日目 其の弐

【注意】いつもに増して実のない下らぬ話です。閑で死にそうな人以外はスルーが最適

 

「開陽台かぁ、懐かしいなぁ」

思わず声が出てしまう。

北海道初上陸の時に

聖地巡礼だぁ」

と、鼻息荒く目指して走っていたあの頃が昨日の様に・・・

は思えない。

そりゃあ20年以上前だからね。

でも、懐かしくはある。

初上陸の時に行って、それから・・・

もう1回ぐらい行ったっけ?

ん?

憶えていない。

もしかしたら1回しか行ってないのかな。

まぁ、それだけ開陽台という場所は、ワタシには衝撃は与えなかった。

それは

開陽台が衝撃的な場所ではない

ということではなく

開陽台レベルの場所は、北海道なら他にもたくさんある

ということ。

北海道は毎年行っても飽きないし、毎年行きたい。

なんなら毎年2ヶ月間ぐらいは溺れたいのだ。

失職するけどね、強行したら。

 

実は、開陽台の鮮烈な思い出と言えば

展望台からの360度の景色ではなく

展望台から見下ろした芝地に綺麗に張られていた

mossのイモムシテントだったりする。

それと

開陽台下の直線道路で写真を撮っていた(当時だから勿論フィルム)私に

ライムグリーンのバイクに似合う年上っぽい女性ライダーが道を尋ねてきたこと。

ドキドキしながら、精一杯ツーリングマップルで伝えたこと。

使いこまれた黒革ジャケットに、虫の死がいがたくさん張り付いていたこと。

そして、その奥にある胸のふくらみにボクが気を取られていたこと。

 

陳腐な言葉だが、あの頃は青臭い青春をしていた。

彼女の顔を全く覚えていないのは何故だ?

でも、あの光景はもう20年後もきっと忘れることはないだろう。

バイクで走り去る姿もイカしていた。

 

年上の女性がずっと好きなのも、このせいかな。

 

などと思い出して、ヘルメットの中でニヤニヤしていると

開陽台に到着。

モニュメントの改修工事の音よりも五月蠅い

他国籍の観光客を乗せたバスの団体が展望台を占拠していたので

先に中の資料室を見学する。

海外からのお客様が来ることは、本当に良い事だが

総じて五月蠅い国の観光客は、自分がバイクの時は特に嫌で、敬遠する。

オイラのバイク旅は、独りであることを純粋に贅沢に楽しむ時間なのだよ。

勿論、強がりなのだよ。

 

久しぶりに見た開陽台からの眺めは素晴らしい。

素晴らしいのだが、何か取って付けた様な印象を何故か感じてしまい

やはり、というわけでオイラの心が揺さぶられない。

次に開陽台に来るのは何年後なのだろうか・・・。

それとも、今後行きたいという気持ちになるのかな。

どうやら開陽台には、縁が無いようだな、アタシ。

来年は久しぶりに多和平かな。

 

なんとなく、テンションが上がらぬまま開陽台を出発し、摩周方面へ。

最初の十字路を右折で、養老牛方面でR243に合流できる

道道150なのに、開陽台を出発する際に地図の確認を怠っていたし

開陽台での意気消沈のせいか、養老牛の文字をすっ飛ばしていたようで

十字路をボヤっとして直進してしまった。

お馬鹿なことに、左折で中標津空港の案内が出てもしばらく気づかない。

直進で中標津市街地、となって方角違いにやっと気づく。

「アカン、アホやわぁ」

と声に出して反省。

開陽台とは、やっぱり縁を感じられへんわぁ。

交差点手前の路肩が少しだけ余裕があったので、止まって地図を出す。

とりあえずは、この信号を右折と確認し、再出発。

 

赤信号で、停止位置先頭だったので、車道右側に寄せて停止していると

大型バイクらしい排気音が後ろから聞こえ、真横にまで来て止まった。

こんな田舎道なのに、わざわざ横に合わせてくるなんて珍しいバイク乗りだなぁ

と感じ一呼吸程置いて左手の方向に

 

<何かご用でも?>

 

てな感じで、視線をチラと飛ばした。

 

 

赤白のCBカラーのバイクが視界に入り

そして

キャワイイ女の子が手を振っているではないくわぁ!!!

 

オ、オイラに手を振ってくれているのかい?

間違いないかい?

この47になる無精髭はやしたオッサンにかい?

ぼ、ボクちゃんで良いのかい?レディ。

20代後半と思しき女性に、「女の子」呼ばわりは失礼だろうが

50手前の爺には、娘ぐらいの女性は「女の子」じゃよ。

 

手の振りかたも愛くるしいのぉ

ええのぉ

ええのぉ

おっちゃんがシャネルでも買ってあげようか?<ただの危険人物>

 

しかし、なんでやねん!

こんな時に限って、速攻で信号が青になりやがる。

潰れろ信号!いや、潰すゾ、オラ!

なんなら赤マッキーで塗りつぶすゾ。

 

女性ライダーはすぐに直進、見惚れていたオイラは2呼吸置いて右折。

童貞の様に、のぼせ上って出遅れてしまったよ。

 

まったく!

2呼吸ぐらいじゃ、彼女のジャケットにテントウ虫が付いていても

気づかないじゃないか!

ましてや、胸のふくらみもなんて・・・。<本当に危険です>

カメムシにさえ気づかないだろうオイラだったが

恋に落ちるのには1秒もいらないぜ。

 

Uターンして、彼女を追い・・・

待って~ 彼女ぉ~!<逃げてください>

  

って、ホンマにしたら、お縄だよ。

でも道を間違えたオイラはえらい。

 

  

開陽台か・・・

 

来年も来ようかなぁ・・・。

 

 

最後に一句

 恋をしても一人

 

「七日目 其の参」に続く

師匠は走るよ どこまでも

12月は坊さんだけではなく

日本酒業界も走り回っているのです。

そう

「しぼりたて」で、忙しくなるのですよ。

 

しかし、日本酒業界って、ホント阿呆な業界で

わざわざ解りにくい、そして誤解されやすい単語などを使って

ろくにきちんと説明・案内・啓蒙もせずに

どうだい、かっこいいだろう?知る人ぞ知るなんだぞ!

てな感じで、一般の人にわけのわからんハードルを誇示している。

 

日本酒マニアさんにとっては

それぐらい常識と言える自己満足・自己顕示欲に繋がり

のめり込む人はトコトン嵌る世界なので

実は、そこらへんのアホなメーカー営業よりも

日本酒マニアさんの方が知識も貪欲さも、利き酒能力も

長けている人も珍しくはなくなってきた。

 

私の日頃の行動範囲は関西が多いので

大阪、京都、神戸で色々とイベントに参加して

ブースに立ってサービスしてたりしても

「同じメンツを良く見るなぁ」

と感心するのと同時に

イベント自体は増えて参加人数自体は増えているけれども

まったく日本酒人口は増えていないだろうと実感してしまう。

でも、売る側は日本酒を継続して呑んで欲しいので

常連さん(マニアさんも含めて)も大事な呑み手であることは間違いない。

ただ、メーカー側でわざわざ小難しくしているので

「日本酒ってなんか難しそう・・・」

「サンパイってどういう意味ですか?」

と、言われたりするのである。

そう、日本酒蔵は馬鹿が本当に多いのだ。

もっとわかりやすく、もっとシンプルに

オイラでもわかるぐらいの知識レベルに落とすべきなのだ。

カッコつけてて売れるほど追い風じゃないでしょ。

 

誤解の無いように言っておくが

常連さんや日本酒マニアさんを悪く言うつもりはこれっぽっちもない。

そもそもを言えば

オイラ自体が、マニア熱が強くなりすぎて業界に入った人間なのだ。

 

で、話はいつものように脱線したが、まだ脱線は続く。

 メーカー側は一般的に認知度の低い専門用語を

サラリと使うのはどうかと思う。

例えば

「中取り」「中汲み」「中垂れ」

意味と違いが判りますか?

中取りの割合はどれぐらいか、皆さんご存知ですか?

では、「あらばしり」「せめ」はどうですか?

「原酒」「非加水」「一つ火」「二つ火」「四段仕込」

「雫取り」「雫酒」「斗瓶取り」「斗瓶囲い」

「遠心分離」「笊籬採り

そもそも、「特別純米」の特別って、何が特別なの?

精米歩合だけじゃないのですよ、特別と名乗って良いのは。

果ては、暗号の様な酵母名とか。

まぁ、オイラがいくら怒っても、この業界はなんも変わらんのだがな。

 

さて、と強引に話題転換。 

しぼりたての出る時期が本当に早くなってきて

10月中旬には店頭に並ぶ始末。

別に新米を使わなければならない、という法律もないが

おかしくないか、季節感。

昔話に拘り続けるだけでは駄目なのだが

農閑期の出稼ぎ労働の一つとして酒造りがあり

だから各地の杜氏集団は米処の出身。

それが、だんだん技術集団化してきて

杜氏や蔵人が仕込み用の米を作り、それを持って蔵入りする

という場合も多くなった。

今は、県の試験場などで研究開発も積極的だ。

だんだん規模が大きくなってきていて、

昔と比べると分業的にもなってきている。

農業の方も形態が変わり、大型化・専門家している。

(そうでなければ生き残れないし)

最近の若い杜氏は米造りを全く知らない人もいる事だろう。

でも、それも時代だ。

米を知っていれば、酒造りに大いに役立つことも事実だが

知っていなければ造れないという事でもなくなってきた。

 

「しぼりたて」という言葉は

この業界でも認知度が比較的に高く、誤解されている場合が少ない

季節感のある言葉だ。

だからこそ、個人的には言葉のイメージをいとも容易く壊して欲しくない。

10月に店頭に並んでいる「しぼりたて」には違和感しかない。

早くても、11月下旬に出して欲しいものだ。

 

12月に入ったので、そろそろ「しぼりたて」を物色しようかなぁ。

ちなみに、オイラが取り扱う今年の「しぼりたて」は

12月中旬から。

諸事情あり、去年より10日ぐらい遅くなった。

そのせいか、オイラの営業業務のピークタイミングが少し狂った。

そのおかげで急遽、明日明後日と休みが取れた。

 

よし、久しぶりにテントを張りに行こう。

 

ハイジとペーターがいる、あのアルプスが良いなぁ。

飛行機乗れないので、ヨーロッパは無理です。

日本アルプス

もっと近場にしよう

甲子園アルプススタンド?

近過ぎ、ってかテント張ったら阪神園芸さんにシバかれるぞ。

 

猪名川のあのアルプスですよ。

あっ、午前中に起きられればの話。

寝坊したら、二日間ゆっくりだらけることにします。

北海道ツーリング2017 七日目 其の壱

2017年7月6日

 

ウトロで迎えた朝は晴れていた。

昨日に知床横断を強行しないで良かった。

 

昨夜は良く呑んだものだ。

もう、何と葛藤することもなく、己の良心に尋ねることもなく

迷うことなく自信たっぷりに徳利に酒を注いで

さも自然の摂理よろしく燗酒の用意をしているオイラだった。

昨夜に野営場内を走り回っていたキタキツネ同様

今日も元気です、アタシ。

 

さてさて

お空もある程度は元気そうだ。

本日は毎年恒例の知床半島横断道路です。

毎回来て、毎回楽しんでいる。

我ながら飽きないねぇ。

今年の当初の計画では

羅臼→ウトロ

だったのだが、天候の関係で今年も

ウトロ→羅臼

知床半島を横断する。

個人的には、ウトロ→羅臼の方が好きだ。

 

遠くに伺える羅臼岳は鬱すらと真白な綿帽子をかぶっているが

まずまずの快晴を維持している。

羅臼峠には8時過ぎに到着。

f:id:chadzraga:20171103192925j:plain

この時間はまだ観光バスがワンサカとは来ていないので

騒々しくないので良い。

今をチャンスと写真を色々と撮ってみた。

 

f:id:chadzraga:20171103193058j:plain

 

 

f:id:chadzraga:20171103192856j:plain

 

撮っている時はテンションが上がっているので良く見えるが

時間が経ってPCで見返してみると、たいした写真撮れていないなぁ。

まぁ、少しづつお勉強だわさ。

 

羅臼の町に降りた時からガスがかなり濃くなってきた。

一口に知床半島言っても

オホーツク側のウトロと太平洋側の羅臼では

天候がガラリと違うことが多い。

今日なんかはその典型的なパターン。

一気に気温が下がってきた。

そして雨。

こういう時に限って

「結局持ってきたけど使わなかったなぁ」

と今朝のパッキングで、ダウンベストを下の方に入れているのだ。

もう!面倒くさい。

フリースは重ね着したけど、雨の寒さには勝てないよぉ。

遠くの空が明るく見えているので、もう少し頑張ればと。

脳内に、サッポロ一番味噌ラーメンを食べている己を思い浮かべて

歯を食いしばる。

くだらん意地を通して・・・ダウンベストに頼らないのだ。

 

今年も、思い出のたくさんある「まるみ食堂」はスルーだ。

というかまだ開いていない時間だろう。

 

トンネルに入った時の温かさに感謝し、励まされながら

薫別を過ぎたところでやっと太陽が見えてきた。

夏と言えども、北海道は太陽の恩恵の有る無しで外気温は激変する。

それにしても無様な北海道初心者ミスをしてしまったものである。

 

R335からR244にスイッチし網走方面へ。

暖かくはなってきたが、温泉で心の臓から温まりたい気分だ。

久しぶりの越川温泉か、弟子屈まで行って大好きな川湯温泉にするか。

しばらく走っていると

道路沿いにベタな観光スポットを案内する看板が出てきた。

とりあえず無視していたが、何枚か連チャンで目に入る。

何故だか急に懐かしくなってきた。

なんでだろう?

 

「七日目 其の弐へ」