茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

潮岬に到着

なんやかんやパン屋ゆうても
アタシャ潮岬が好きなんです。

昨夜までは、ここに4日までおるのもアリ?
と思ってたんだが、実際に岬に来るとね
やっぱり岬よね~
って少々おねぇ言葉にもなるわいな。

岬に着く前にいつも利用する
おそらくここいらでは一番安かろうと思っている
ガソリンスタンドでセルフ給油してたら
すぐ後ろに知人が。
「ご無沙汰です」
「今着いたん?」
「そうなんですよ、去年は元旦に来たんですけど」
「そうなんや」
「ところで、何してはるんですか?」
「ガソリン入れに」
当たり前の事をアホみたいに聞くアタシ。
「ここが一番安いから」
町民が言うなら間違いない。

その後、温泉入り~の、買いもんし~で岬着。
やっぱり岬よね~。

先ほどの知人としゃべり~の、関東の知人に岬の現状報告し~の。

テント張ったらアラ大変。
テント全体のシームテープがボロボロで剥がれまくってます。
ちょっとの振動でボロボロ落ちます。
加水分解するのが有名なMSRですが
(勿論、他のメーカーも加水分解するのだが即効性が高いらしい。)
シームテープの分解も韋駄天走りだとは。
スキニートゥーですが、20張りもしてないんだけどなぁ。

ただでさえ、ある箇所の耐水性がボロボロなのに、
シームが剥がれたら、雨の日は駄目です、全く。
シングルウォールだし。

シーム補修する手もあるが、テント全体をシームし直す手間を考えたら・・・躊躇なく捨てます。
めちゃめちゃお気に入りではないし。

こんなに早くシームが駄目になったメーカーは初めて。
シェラデザインズはもっと耐久性が高かったし、シーム自体は分解せず捲れた感じで、それも一部にとどまっていた。
シームに関してはダンロップは強かった印象。
モンベル、タープテントは普通かな。
ゴーライト、ローカスギア、ヒルバーグはまだ未知。
仕様頻度もあるだろうが。

とにかくショックだMSR 。
だって、安くないやん、ちゃんと作ってくれよ!