茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

参ったなぁ

あまり寝られなかった。

そもそも、このテントは或る箇所が耐水性が悪い
と実感していたが、今回の雨で実感したことは
一定以上の雨が降り続いた時に
テント天井部分に降った全ての雨が
天井長辺の脇に沿う二本の長い縫製部分、
入り口と向かいの短辺の縫製部分を
雨樋の様につたって二ヶ所に集まる事がわかった。

これはテントの張りのテンションを高める
などの対応で解決できるものでなく
設計からの問題。

今回は勿論、シームテープが無いに等しい状態だったので
なんとまぁ、寝てる暇が無い作業を余儀なくさせられたが
シームが大丈夫だったとしても、
恐らくテント内に雨水は浸入したであろう。

ちなみに、アタシのテントは
ポタリ ポタリ ポタリ
という感じではなく、誇張抜きで
ボタボタボタボタボタボタ~
って感じ。

テント四隅から雨水がつたい、
集中する二ヶ所からボタボタボタボタボタボタ~
なんで
拭いては絞り拭いては絞り拭いては絞りの
寝かせてくれない夜通しの作業。
今は雨脚が少し落ち着きました。

あぁ、シュラフ干したい。
雨あがってください。

年末年始にテントを張る二ヶ所とも下が芝生なので
グランドシート用にブルーシートを持って来ていないこと
出発前に週間天気予報をチェックし
こりゃ大丈夫だ
と早合点して耐水性難ありのテントを選択したこと
この二点が雨男のミスだ。

まだまだ修行が足りないなぁ・・・自業自得か。