茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

新聞記事から

御存知の方もおられるでしょうが

1/30の朝日新聞デジタルで農口尚彦杜氏の復帰という情報が流れました。

この情報、ガセではなく事実の情報です。

 

私自身は農口杜氏の近況はかなりリアルタイムで入ってくる環境におりますし

懇意にもさせていただいております。

ですから、より詳細な情報は既に知っておりましたし

複数ルートから情報の真実度、情報元の信頼度を確認してから

昨年末に、このブログでボソッと呟いたりもしました。

 

しかし、このタイミングで情報流すかね。

情報提供者もそうだが、朝日新聞ももうちょっとタイミングを考えて欲しいものだ。

まぁ、こんな愚痴をこぼすのは業界関係者しかいないんだろうけどね。

 

改めてネットでチェックしてみますと

鹿野酒造、特に農口酒造での出来事など結構な情報が飛び交っている。

適切な情報ならば良いが

不必要とも思えたり、悪意たっぷりな暴露情報

間違った情報や、勝手な当て推量でテキトーな作り話。

日本酒マニアの方が、身勝手に暴走しているなら

「まったく・・・、でも個人的見解だから」

と放置もするが

半プロ含め、この業界で飯食ってる人間が無責任な言動は慎んでほしいものだ。

文字に変換され、単語・文章の形をとり、意味を持った時点で

その言葉の責任は発信者に発生するだろう。

自称日本酒ライターとか、薄っぺらな飲食店や酒販店は、テキトー過ぎるよな。

勿論、「一部」の人達だけだと信じている。

 

まぁ、愚痴が酷くなるので、これぐらいにして。

 

とにかく

今年の末ぐらいには

農口尚彦杜氏の新酒が呑めますよ。

首を長くして待ちましょうね。

でも、まったくの新設蔵なんで不安材料もね。

水質が気になるところだね。

来月お会いするので、直接様子を聞こうと思っている。

復帰されることには、今でも私は複雑な気持ちです。

でも

農口のおやっさんの新酒を呑んでみたい

と思う気持ちも隠せない。

う~む

やっぱり呑みてぇ~!

 

しかし、某酒販店さん

楽して私から詳しい情報を聞き出そうとするんじゃないよ。

そういうことは、手間や時間がかかっても、自分自身で苦労して

直接情報を収集するのが、アナタ達のすべき仕事の一部じゃないのかい?

サボらんと仕事しようぜ。

人のふんどしで相撲取って、プロとして恥ずかしくないのかね

一般のお客さんにプロ面して生意気な口を利く資格は無いよ。