茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

マーヤの買った物は

「北海道ツーリングに行くので」

って、ある意味しゃぶフレーズを呟き

己の頭にねじ込み、正当化して

ポチポチとポチリました。

テントとか、タープとか、ペグとか、アクションカムとか

モバイルバッテリーとか、諸々。

 

まさしくマウスと人差し指の暴走。

便利なフレーズよの。

初めてのカテゴリーの商品を買ったなら、それは良いのだが

アタシの場合は、チト違う。

 

今回の馬鹿買物の大将はミラーレス一眼だな。

三脚関連も既に5台目なので、大バカ者だが

今回は自立型一脚なので、三脚とは違い

初カテゴリー・・・って、なるかよボケ。

いやいや正確に言うと・・・、お初ですよ旦那~

などと勝手都合の良い言い訳を

己の脳内で闘わせるフリをして(はなっからの出来レース

買いましたよ。

しかも初カーボン。

軽い!ったらありゃしねぇぞなもし

ね、ね、買って良かったでしょオイラ?

キャンプの時のタープなどのポールや、モノポールテントのポールの

代わりになるし、洗濯物を干す時も何かと便利ですぜ、お女中。

 

持って行く気満々で購入し、先ほどまで荷物に括りつけていたが

考え直して、今回はお留守番。

ハイ、アホですよ。所詮アタシャね。

なんか面戸癖ェ~って思ってしまったんだからしょうがないよね。

一度冷めてしまったら、ハイ終わり。

ミニ三脚で今回もお茶を濁します。

何のために一脚を買ったのかなぁ。

馬鹿だぁ。

年末年始の岬が初出しだな、きっと。

 

リコーのアクションカメラは短い2年の現役生活で引退させて

チャイナ製のゴープロモドキを購入。

これは持って行くと使うと思う。 たぶん。

 

防水バッグを買い換えた。

チャイナ製とシールラインを買ってみて、比べてみた。

乱暴者には値段だけのことはある、と感じた。

やっぱりシールラインは頑丈さを選べる選択肢が多いのが良い。

較べると、たけぇ~けどね。

 

ほんで、今回の一番高価な買い物は

ミラーレス一眼。

富士フィルムの2013年発売というド型落ちを購入。

リコーとペンタックスが好きなオイラで

ミラーレスは2011年に発売されたペンタックスQという

世界最小最軽量ミラーレスを玩具代わりにしていた。

持ち運びは楽勝だが、小ささのアドバンテージと引き換えに

利便性や画質的なことは不満があった。

ということで昨年の北海道ツーリングには

新たに購入したペンタックスK-S2という

入門者向けデジイチを購入したわけ。

かなりの満足度はあったが、Qの小ささと比べると

やっぱり大きいね。

正直言って、キャンプ道具満載なので、コンパクトさは是非欲しいところ。

つ~ことで、ペンタックスQの最新シリーズを購入しようかと

ネットでポチっとしたら2014年のQ-S1を最後に

新商品が出ていないじゃないか!

調べると2013年のQ7から2014年のQ-S1へのチェンジも

側だけの変更のよう。

オイオイ!Qマウント終了ですか?

気合入れて交換レンズ買ってたっちゅうねん。

K-S2の写り方を知ってしまった以上、Qには戻れない・・・

2007年のリコーGR DIGITAL Ⅱにも戻れない。

手ブレ防止じゃないと、なんて言う軟弱者に成り下がってしまった・・・

 

細かいことは省略して

色々理由あり、条件あり、モハメドアリ

2013年発売の富士フィルムのミラーレスX-E2を購入。

2017年のX-PRO2を買う金はありません。

初富士なので、これからレンズも揃えないといけないのでね。

ペンちゃんがミラーレス造ってくれへんから

富士に乗り換えしちゃいましたよ。

持ち運びを考えて、フォーサーズと滅茶苦茶悩み迷いました。

ライカなんて経済的に買えないし、LUMIXは動画傾向が強いし

オリンパスとは本当に悩んだ。

見た目の好みはドンピシャ。個人的所有欲を撃ち抜かれましたよ。

でも、オリンパスの色表現個性が苦手なんです。

同じ理由でキャノンも苦手。

実は一番好きなのはニコン

初めて買ったデジカメはCOOLPIX910で

今でもたまに室内での遊び道具になってます。

30MBのコンパクトフラッシュを挿してます。

時代を感じますねぇ。

デジイチは変わらずペンタ好きですが。

中判とミラーレスで勝負する富士の姿勢が気に入って

ネットや店頭などで見た富士の色表現がなんとなく、納得できた。

どうしてもニコン、という色好みが変わってきたのであろう。

ペンタを好きになったのは、鬱蒼と茂る緑の濃さに射抜かれた。

 

いつものごとく脱線してましたが

型落ちE-X2の方を購入したのは

動体撮影や動画撮影はあましない

高速シャッター、高速連写を必要としない

最後に最も大事な

比較して安い

からである。

 

で終わったら

馬鹿買物ではなかったんですが・・・

ミラーレスなんで、K-S2よりかなり小さいんですよ、ボディが。

幅129×高74.9×厚37.2

幅122×高91.5×厚72.5

ね、違うでしょ。

そして、本体質量は

300g

618g

軽くて小さいボディ!

やっぱり旅のお供にはミラーレスだね。

 

その米粒の様に軽くて小さいボディのX-E2。

今回、割安感に魅入られて、レンズキットを買いました。

レンズ直径65.0×長70.4 310g(付属品含まず)

 

ちなみに

K-S2のキットレンズは

レンズ直径71.0×長41 158g(付属品含まず)

 

トータル重量差166g

えぇ~

レンズ装着して、上から見たら

大きさ大して変わらへん!

ツメが甘いオイラ。

単焦点の小さくて明るいレンズを買うべきだった。

 

そんなオイラは、あまり大きさの代わらぬカメラを持って

明日の晩旅立ちます。

病気は全然治ってません。

でも遊びたいんや。

今年もどうやら雨の中の出発です。

自他ともに認める雨男です。

 

ちなみに良いカメラで、良いレンズでした。

嵩張るけど、テンション上がってきましたよ~。

症状変わらんからダダ下がりやけど。

でも、今年も北海道だもんね。

オイラはミツバチ族だからね。

マーヤだからね。