茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

北海道ツーリング2017 四日目 其の弐

浜里パーキングシェルターを出発して、再び北上して稚内方面を目指す。

相変わらずの曇天で、左手に見える日本海には利尻富士が見えているのだが

厚い雲が邪魔をして裾野しか見えず、美しさと雄大さが伝わってこない。

 

とは言え、こういう景色もまた良いのだ。

昔、暴風雨の中を走り切ったこともあるので

(今はしない、楽しくないからね。それに無事故・無違反が原則)

雨が降っていないだけでも幸せなのである。

利尻島を微かに見て、利尻富士を想像しながらの道北満喫。

抜海から通称ミルクロードを走る。

こじんまりとした農道だが、これぐらいの規模が個人的に好き。

走り応えがあるという程の距離ではなく、あっさりと走り抜けR40に合流。

 

稚内市街をパスして宗谷へ、とR238を走る。

一昨年は本当に久しぶりだったので宗谷岬は見たいと思った。

でも近づいたら観光客もバイクも一杯で、停止する気も起らず通り過ぎただけ。

今回は・・・、まだお腹一杯なので、通り過ぎる気も起らない。

当然の如く、宗谷丘陵に逃げた。

逃げた、と言うか丘陵の方が見所があって良いと思う。

遠くに見える岬には人がいっぱい。

f:id:chadzraga:20171014185101j:plain

 

宗谷岬平和公園でノンビリ休憩しながら撮影もしてみる。

バイク乗りから声を掛けられるが、適当にいなしてしまった。

申し訳ないとは思うが、初対面の人には、ある程度の礼節を求めるのだよアタシは。

「同じバイク乗りじゃないですか!だから・・・なぁなぁで許されるでしょ」

という考えは、私には全く理解に苦しむ。

でも、やはり反省だな。エエ年して短気はイカン。

せっかく平和公園にいるのだから、心は穏やかにしないといけない。

人に優しく、己に厳しくだ。

愛ある行動だよね、ツルさん。

 f:id:chadzraga:20171014192104j:plain

 

丘陵からR238に降りて、オホーツク海側へ。

これまたベタだが、猿払から天北南部広域農道

通称エサヌカ線を走る。

比較すると距離は短いが、オロロンラインよりもこちらの方が個人的に好き。

牧草の刈り取りなどでトラクターを見ることはあるものの

大きな人工的建造物は本当に何もないから。

 

突風に煽られたが、快走することができた。

基本はワインディングロードが好きで、直線ロードは嫌いなのだが

オロロンとエサヌカは別だなぁ。

毎年走るわけではないので、いつも新鮮な気持ちで走ることができる。

再びR288に合流し浜頓別方面へ。

 

さるふつ公園キャンプ場に到着。

今回は気が向いたら本当にテントを張るつもりで、勇んで乗り込んだのだ。

・・・う~ん、今回もここでテントを張りたいという気持ちが湧かないなぁ。

他の人の評価は悪くないし、バイク乗りの最高ランクとの評価も散見する。

でも、私はまったく心が揺さぶられない。

殺風景だから、ではない。何もないのは大好きだ。

道の駅と併設だが、敷地は広大で道の駅に来る観光客はほとんど無視できる。

温泉もあり、本当に便利だと思う。

でも、私はキャンプ場自体に全く魅力を感じない。

ここで時間を過ごしたいと思わない。

今回なんとなくだが、嫌う理由がわかったような気がした。

取って付けたようなキャンプ場デザインで人工的過ぎると感じた。

「ほらほら、北海道のキャンプ場をイメージできる広大さでしょ」

と押し付けられている感。

「所詮、こういうのがエエんやろ」

と上から言われているような感じ。

 

・・・たぶん、アタシの被害妄想です。

 

仮に日没になり、早く設営したいと思っても

もう少し先に好きなキャンプ場があるので、

余程の理由や心変わりが無い限り、ここではキャンプしないだろうなぁ。

一般的には決して悪くないキャンプ場だとは思う。

開放感があり、国道には近いが気にならないし、夜は本当に静かだろう。

 

三度R288を走り南下。

しばらくして浜頓別に入り、お気に入りのクッチャロ湖畔キャンプ場に到着。

受付をして、ビチャビチャ濡れて重くなっているテントを張り

テント内でストーブを全開で燃やし強制乾燥(良い子はマネしちゃ駄目だぞ)。

そして早々に隣接の浜頓別温泉で身体をほぐす。

ここは循環・塩素入りの温泉で最高とは言い難いが

利用状況を考えると致し方が無く、それでもなかなかの温泉だとも感じる。

でも、小さくて良いので、源泉かけ流し風呂を1つ造って欲しいなぁ。

 

今年は息をのむ夕日とはいかなかったが、それでも夕暮れ時は十分美しく

多くのキャンパー達が写真家に変身する。

私も今回初導入の富士フイルムX-E2を持ち出して、ヘタクソなりに撮ってみた。

敢えての露出アンダー。

フィルムシミュレーションをPROVIA(スタンダード)では

f:id:chadzraga:20171014195225j:plain

f:id:chadzraga:20171014194717j:plain

上下半分の構図になってしまい失敗。これから勉強します。

 

ちなみに、Velvia(ビビッド)で撮れば

f:id:chadzraga:20171014195014j:plain

f:id:chadzraga:20171014194437j:plain

こんな感じ。なんかエロくて個人的に好き。

 

ちなみに今回のツーリングレポの写真の極一部はスマホ

ほとんどはX-E2(レンズキット)のJPEGで完全撮って出し。

上の2枚のみVelviaで撮りましたが、他はPROVIAです。

<E3欲しいなぁ、高いよぉ~。>

 

こんな景色見ながら呑む酒は美味いだろうなぁ・・・

 

先生!今日もゴメンナサイ。私は悪い子です。

だって呑みたいんだもん。心と体が揺さぶられるんだもん。

 

「五日目 其の壱」に続く