茶豆落果の言のハッパ

呑んで笑って 流されて

なんとなく書き出してみた

 

筆記具は断然ぺんてる派なんだけど

ここ数年の油性ボールペンは、ゼブラのJIM KNOCK UKを愛用していた。

落として無くしても、絶望しなくて済む価格。

紙質に少し気を使ってやれば、色が濃くて鮮やかで、滑らかに書ける。

自宅使用では、グリグリっと筆圧高目で書きなぐりたい時は

BICミディアムとカランダッシュ849。

サラサラと書きたい時は、ゼブララバー80。

uniのジェットストリームは昔、狂おしい程ド嵌りしたけど

いつもまでも安物チックなものしか出せへんかったので

流石に客先での営業の時は使いたくなくて

リフィルだけ買い、加工してOHTOリバティの中軸に入れている。

これで人前でも格好がつく。

uniは今更プライムシリーズを出しているけど、遅すぎるんだよ。

鉛筆のハイユニと硬質色鉛筆を箱買いして愛用しているが

今はそれだけだ。

チェック用赤ペンはパイロットのⅤコーン、小さくて素早くチェックできる。

パイロットとuniゲルインキボールペンのカラーが豊富なので

ブラウン系とブルーブラックは一揃いある。

個人的には0.28はやり過ぎで、0.38が細字の限界かな。

 

ぺんてる派、と言っておきながら・・・

シャーペンは断然ぺんてるだぁ。

グラフ1000、グラフギア1000、グラフギア500、P200シリーズ

スマッシュ、KERRY。

製図は全くしないのに芯径は0.3、0.5、0.7、0.9と揃っている。

0.7と0.9がメイン使用。

あとは、ファーバーカステルのグリップ2011、FE3000とプラチナのプレスマン。

ステッドラーの925シリーズも3種類ぐらい。

 

ボールペンはネットで買うことが多いが

シャーペンに関しては、手間はかかるが、販売している所を探しまくって

実物を触ってから買うことに決めている。

理由は

1本、1本、ノックの感触、ノックの音が微妙に違うから。

気になりだしたら、もうやめられません。

ちなみに、適度に軟質な感触とノック音が好きで、高級っぽい硬質は苦手。

 

万年筆は断然ペリカン。そしてパイロットかな。

 

格好つけるためのヨソイキボールペンはトンボZOOM505シリーズ

重心とキャップを占める時の感触が大好き。

 

蛍光マーカーはトンボ蛍coat80一択なのだ。

補充インクのストックもバッチリ。

鉛筆MONOはデザインが好きで、ほぼ所有欲のみだけでケース買い。

消しゴムはMONO一辺倒だったが、最近ぺんてるのクリックイレイザー

使いやすくって・・・少々浮気傾向。

 

忘れちゃいけない

サクラクレパスと言えば、ボールサイン80。

ぺんてるハイブリッドでは、ぬらぬら~っと書けないからね。

 

そしてセーラーかぁ~。

あまり持ってないかも。

3000円ぐらいまでの万年筆は2本持っているけど

どちらもペン先のタッチが苦手なんだよなぁ。

高級シリーズは合うのかもしれないが

そこまで出すのならペリカンを買っちゃうしなぁ。

 

筆ペンは呉竹。

 

現在、熱を帯び始めているのが

プラマンなのだ。

先日、出張先で不注意に赤ペンを紛失してしまった。

文具コーナーで物色していると、何故か目に入ったのが、プラマンJM20。

 

久しぶりに使うと・・・良いねぇ~

こんなに書きやすかったっけ?

こんなに楽しかったっけ?

この独特さ、やっぱり良いね。

 

油性ボールペン以外では

ゲルは、エナージェル・トラディオとハイブリッド

水性は、Ⅴコーンばかりだったけど

プラマンも良いなぁ。

ちょいとお高いけど、エナージェル・トラディオよりは安いし。

 

・・・

先ほど、ネットで

トラディオ・プラマンをまとめ買いしちゃった。

しかもユーロ仕様なので、バリ高!

エナージェル・トラディオの〇倍じゃないか!

でも、ブラウン軸の存在を知ってしまったら

オイラ止まらないよ。

 

あっ、だからプラマンJM20が目に飛び込んできたのか!

茶狂も病気だな。

 

 

とある日の夕間暮れ。

 

半年ぶりぐらいにお会いしたお客さんから

 

「〇〇さん、太ったぁ?」

 

と、聞かれました。

 

『成長したんですよぉ』

 

とは、流石に言えず

 

「はいぃ~」

 

と、苦笑いするしかなかった。

 

休みが全然なくて働き通しなのに

肥えるねぇ、我ながら。